ポイント練習

レペティションとは

投稿日:2020年2月20日 更新日:

 本記事ではレペティションについて書いています。

勝負を分けるのはスピード

 レースの最後のほうになると誰がいつスパートするのかといったかけひきがありますよね。
このときに競り合っている選手たちの余力がほぼ同じだったとすると一番スピードのある選手が勝ちやすいです。
なぜなら、ほかの選手のスパートを待ってから自分がスパートをかけても勝てるからです。
 スピードがあまりない選手はより早い段階でスパートをかけ始めて、ゴールの100m手前では勝負が決まっているようにしなければ勝つことはむずかしいです。
 このようにスピード能力の高い選手ほど、最後のかけひきで後出しをすることが出来るので有利と言えます。
 では、どのようにしてスピード能力を高めていけばよいのでしょう。

レペティションとは

 スピードを高める練習の中でレペティションというものがあります。これは、短い距離で速く走ることを重視した練習です。なので、1本1本の間も比較的長めに休みを取ります。

レペティションの効果

1.スピードアップ

 1つ目の効果はスピードアップです。これはあまり説明は必要ないかもしれません。

2.走りの経済性の向上

 2つ目の効果は走りの経済性の向上です。
  http://athlete.evolu.co.jp/wp/9532 詳しく知りたい方はこちらに書かれています。
 簡単に言うと、
①使うエネルギーの種類が変わる。
②筋肉のタイプが速く走れるものに変わる。
③無駄の少ないフォームになる。
という3点から今までは、いっぱいいっぱいになっていたペースに余裕が出てくるということです。

練習の具体例

 具体例としては、
400mを10本 1本1本の間は5分間歩いたりして、なるべく体を回復させます。

まとめ

 レペティションは非常に重要なので、1週間に1回少なくとも2週間に1回くらいできると効果があります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

------------------------------------

長距離走の能力を決めるミトコンドリアを増加させる

-ポイント練習

執筆者:


  1. […] 。こちらも1つ目の条件と同じく徐々にレベルアップ出来るようにしましょう。 このような練習をレペティションといい下記URLもよろしければご覧下さい。https://fm-aim-220.com/training/point02/ […]

  2. […] ちらも1つ目の条件と同じく徐々にレベルアップ出来るようにしましょう。 このような練習をレペティションといい下記URLもよろしければご覧下さい。https://fm-aim-220.com/training/point/point02/ […]

  3. […] に余裕ができます。 最初は75秒にこだわらなくても良いです。こちらも1つ目の条件と同じく徐々にレベルアップ出来るようにしましょう。このような練習をレペティションといいます。 […]

  4. […] 余裕ができます。 最初は80秒にこだわらなくても良いです。こちらも1つ目の条件と同じく徐々にレベルアップ出来るようにしましょう。このような練習をレペティションといいます。 […]

  5. […]  スピード練習(レペティション)はフォームを崩さずに行うことが大事です。400mを全力で走ると最後は苦しくてもがくように走ってしまう人もいると思います。そうならないような […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スピード練習は90%の速さで

 スピード練習というと全力を出し切るイメージがある人も多いかと思います。 確かにラストスパートで競り勝つ力を上げるためには、100%のスピードで練習をすることも大切です。 しかし、レース全体のスピード …

no image

スピード練習の苦手克服にはペース走

 スピードに苦手意識がある人は、まずペース走や遅めのインターバル走で基礎体力をつけることが近道かもしれません。 基礎体力が「ガソリンの量」だとするとスピード能力はそれを「効率よく使う能力」です。 なの …

no image

ペース走(閾値走)の2つの効果と注意点

長距離走の練習で定番のペース走ですが、その効果を理解して練習している人はあまり多くないと思います。シンプルな練習なだけに何を意識すれば良いのかわかりませんよね。私も昔はそう思っていました。以前の私はペ …

no image

ポイント練習に失敗した時

 陸上長距離のポイント練習で、調子が悪くて計画していた練習ができなかったということがあると思います。 そのようなときにはどのようにすれば良いのかをお話ししたいと思います。 目次1 短い距離で刺激を入れ …

1000mインターバル2つの注意点

長距離の練習で1000mインターバルは定番の練習の1つですよね。しかし、ただ走るだけでは効果が低くなることもあるので注意が必要です。 この記事では、1000mインターバルの効果を高めるための注意点を紹 …