ポイント練習

ペース走の強度を上げる手順

投稿日:

設定ペースを速くするとき

 ペース走の設定ペースを速くするときは、まずそのままのペースで距離を伸ばしましょう。
 距離を伸ばして走ることができたら、距離をもとに戻すと同時に設定ペースを上げましょう。
 こうすることで、より確実にレベルアップをすることが出来ます。

距離を伸ばしてからペースを速くするメリット

 ペースを上げる前に距離を伸ばすことのメリットは、2つあります。
①基礎体力の向上を確認しから次のレベルに上げることが出来る
これはそのままですが、距離を伸ばすことで次のレベルに上げるための基礎体力を作るということです。
②精神的余裕を作る
これは一度距離を伸ばしてからもとに戻しているので、距離を戻すときに余裕ができます。
これによって、一度にがんばる項目を1つだけにしぼることが出来ます。
 
 ペース走というものは一定のペースである程度の長さを走るものなので、レベルを上げる前からある程度の長さを走るという点で1つがんばっています。
このまま設定ペースを上げてしまうと、
1.ある程度の距離を走る 2.今までより速いペースで走る 
というように同時に2つのがんばることが出来てしまい、成功確率が下がってしまいます。
なので、がんばることを1つにしたいと思います。

 もともとのペース走が、10㎞で1㎞/4分ペースだとします。
このペース走に余裕が出てきたら、1㎞/4分のペースのまま12㎞まで走ります。
10㎞で1㎞/4分には慣れているので、がんばるところは2㎞プラスの部分だけにできます。
この調子で15~16㎞くらいまで伸ばすことができたら、いよいよ設定ペースを速くしたいと思います。
例えば10㎞で1㎞/3分50秒にしたとすると、距離の面では余裕があります。
ペースを上げましたが、今までより短く終わるという気持ちで走ることが出来るので、最後まで走り切れる確率が高くなります。
練習で最後まで走り切るということを続けると、体が慣れてきて次のレベルに進むことができます。

まとめ

 ペース走はまず距離を伸ばしてから設定ペースを速くする
 がんばることは1つだけにする
 以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-ポイント練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スピード練習は90%の速さで

 スピード練習というと全力を出し切るイメージがある人も多いかと思います。 確かにラストスパートで競り勝つ力を上げるためには、100%のスピードで練習をすることも大切です。 しかし、レース全体のスピード …

no image

レペティションとは

 本記事ではレペティションについて書いています。 目次1 勝負を分けるのはスピード2 レペティションとは3 レペティションの効果3.1 1.スピードアップ3.2 2.走りの経済性の向上4 練習の具体例 …

no image

ペース走(閾値走)の2つの効果と注意点

長距離走の練習で定番のペース走ですが、その効果を理解して練習している人はあまり多くないと思います。シンプルな練習なだけに何を意識すれば良いのかわかりませんよね。私も昔はそう思っていました。以前の私はペ …

no image

スピード練習の苦手克服にはペース走

 スピードに苦手意識がある人は、まずペース走や遅めのインターバル走で基礎体力をつけることが近道かもしれません。 基礎体力が「ガソリンの量」だとするとスピード能力はそれを「効率よく使う能力」です。 なの …

1000mインターバル2つの注意点

長距離の練習で1000mインターバルは定番の練習の1つですよね。しかし、ただ走るだけでは効果が低くなることもあるので注意が必要です。 この記事では、1000mインターバルの効果を高めるための注意点を紹 …