ポイント練習

1000mインターバル2つの注意点

投稿日:

長距離の練習で1000mインターバルは定番の練習の1つですよね。
しかし、ただ走るだけでは効果が低くなることもあるので注意が必要です。

この記事では、1000mインターバルの効果を高めるための注意点を紹介します。

私は1000mインターバルのやり方を工夫して、2年間停滞していた
5000mの自己ベストを更新することができました。
みなさんの練習にも取り入れてみて下さい。

1000mインターバルの注意点は2つ

1000mインターバルの注意点は2つで
1.ペースを一定にすること
2.目的を絞ること
です。

ペースを一定にすること

1つはペースを一定にすることです。
特に走り出しに注意が必要です。最初の200mは余裕があるので自然とペースが速くなってしまいます。
速くなるだけなら良いですが、その分後半にペースダウンをしてしまうことが問題です。

例えば、前半に3秒速く走り、後半に3秒遅く走って目標タイム通りになったとします。
そうなると、目標のペースを体に覚えさせることが出来ません。

また、実際のレースでは、1000mごとに途切れることは無いので、1000mを通過したときに、ペースが落ちた状態で次の1000mに入ります。

こうなると、練習ではペース通りに走れても、本番では思ったより走れなかったということになりますので、練習ではペースは一定にして走りましょう。

目的を絞ること

2つ目は目的を絞ることです。
ある程度チャレンジをしたペース設定ならば、間のジョギングは400mなど少し長めに取りましょう。
また、ジョギングを短くするなら余裕のあるペースから始めて、最後の1~2本で余力があればペースを上げるなど、無理をしすぎない練習をコツコツ続けましょう。

毎回の練習できつすぎる練習をしてしまうと、たとえペース通りに走り切れたとしても、
長期では気持ちも体力ももたないので、7~8割の頑張りでクリアできる練習を続けていきましょう。

□ポイント
★ペースを一定にして、体に覚えさせる。
★余裕のある目標を設定して継続する。

-ポイント練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ペース走(閾値走)の2つの効果と注意点

長距離走の練習で定番のペース走ですが、その効果を理解して練習している人はあまり多くないと思います。シンプルな練習なだけに何を意識すれば良いのかわかりませんよね。私も昔はそう思っていました。以前の私はペ …

【長距離走】ポイント練習は頑張らなくていい

長距離走のポイント練習がきつくて、なかなか続けられない、とか ポイント練習を楽に続ける方法はないかと思ったことはありませんか。 ここではポイント練習を継続する方法と ポイント練習を頑張らないことのメリ …

no image

スピード練習は90%の速さで

 スピード練習というと全力を出し切るイメージがある人も多いかと思います。 確かにラストスパートで競り勝つ力を上げるためには、100%のスピードで練習をすることも大切です。 しかし、レース全体のスピード …

no image

ペース走の強度を上げる手順

目次1 設定ペースを速くするとき2 距離を伸ばしてからペースを速くするメリット3 まとめ 設定ペースを速くするとき  ペース走の設定ペースを速くするときは、まずそのままのペースで距離を伸ばしましょう。 …

no image

インターバル走とは

 本記事ではインターバルについて書いています。 目次1 インターバル走とは2 インターバル走の効果3 練習の具体例4 まとめ インターバル走とは  インターバル走とは長距離走の基本的な練習方法で、簡単 …