ポイント練習

ポイント練習に失敗した時

投稿日:

 陸上長距離のポイント練習で、調子が悪くて計画していた練習ができなかったということがあると思います。
 そのようなときにはどのようにすれば良いのかをお話ししたいと思います。

短い距離で刺激を入れる

 ポイント練習は種類によって、目的があります。
閾値走ならペースの底上げ、
インターバル走なら心肺機能の強化、
レペティションならランニングエコノミーの向上
おおまかに言うとこのようになりますが、共通していることはジョギングのようなゆっくりとした走りではないということです。
ポイント練習はどれも、普段のジョギングより速いので、その刺激だけでも入れておくということが大切です。
例えば、調子が悪くて練習を途中で終わらせた場合に最後に200mを5本走るという感じです。
こうすることで、自分の中の練習のリズムが乱れてしまうことを防ぐことが出来ます。

ジョギングで距離を補う

  調子が悪くてポイント練習を途中で切り上げたときは、計画していた距離より少なくなることが多いです。
 そのような時はジョギングで距離を補います。
これは、不調の原因が疲労の場合には、疲労回復を早めることにもなるのでおすすめです。

翌日に補う

 ポイント練習の方法にはセット練習というものがあります。
これは、2日間に分けて体に負荷を与えるものです。
調子が悪い日はあまり頑張らずに、翌日と合わせて1回のポイント練習というように修正することもおすすめです。

まとめ

 ポイント練習の失敗はよくあることなので気にしなくて大丈夫です。
大切なことは自分の中の練習のリズムを守ることです。
例えば、週2回のポイント練習と週4~5回のジョギングというような習慣を守っていくことです。
こうすることで、自分に合った練習が見つかります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-ポイント練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スピード練習の苦手克服にはペース走

 スピードに苦手意識がある人は、まずペース走や遅めのインターバル走で基礎体力をつけることが近道かもしれません。 基礎体力が「ガソリンの量」だとするとスピード能力はそれを「効率よく使う能力」です。 なの …

no image

スピード練習は90%の速さで

 スピード練習というと全力を出し切るイメージがある人も多いかと思います。 確かにラストスパートで競り勝つ力を上げるためには、100%のスピードで練習をすることも大切です。 しかし、レース全体のスピード …

no image

インターバル走とは

 本記事ではインターバルについて書いています。 目次1 インターバル走とは2 インターバル走の効果3 練習の具体例4 まとめ インターバル走とは  インターバル走とは長距離走の基本的な練習方法で、簡単 …

no image

レペティションとは

 本記事ではレペティションについて書いています。 目次1 勝負を分けるのはスピード2 レペティションとは3 レペティションの効果3.1 1.スピードアップ3.2 2.走りの経済性の向上4 練習の具体例 …

no image

ペース走(閾値走)の2つの効果と注意点

長距離走の練習で定番のペース走ですが、その効果を理解して練習している人はあまり多くないと思います。シンプルな練習なだけに何を意識すれば良いのかわかりませんよね。私も昔はそう思っていました。以前の私はペ …