その他

長距離走は気持ちが大事(苦しくならないために)

投稿日:

 長距離走を普段あまりやらない人、またはこれから始めようかと考えている人の中には、長距離走は苦しいことにどれだけ耐えられるかが最も大切だと思っている人もいると思います。
 これも大切なものの一つではありますが、もっと大切なことがあります。
それは苦しいということを考えないようにすることです。

苦しいということを意識しない

 長距離走は苦しいイメージがあると思います。
実際、コツをつかむまでは、ただただ苦しいスポーツかもしれません。
 そのように思っている人は、走れば走るほど苦しさが上がっていくと思っているかもしれません。
 しかし、長距離走の苦しさは途中で楽になる時が来ます。
これは苦しさを無視して一定のペースを守っているとやってきます。
苦しくなったらペースを落とすという走りではこれを感じることが出来ません。

デッドゾーンとセカンドウィンド

 苦しさを無視してペースを落とさず走ることで楽になることを、セカンドウィンドといいます。
その前の苦しいところをデッドゾーンといいます。
 長距離走は酸素を多く使いますが、走り始めは、使う酸素のほうが取り込む酸素より多いので苦しいですが、これが同じくらいになると楽になります。

  酸素は血液に乗って運ばれます。
運動をしていないときは、心臓だけが頑張って血液を全身に回しています。
しかし、運動をすると心臓以外の筋肉も血液を回すのを手伝っている状態になるのでしばらくガマンして走ると楽になるということです。

 ウォーミングアップをしっかりやっておくことでセカンドウィンドの状態に速く入ることが出来ます。

無の状態で走る・人についていく

 デッドゾーンを耐えてセカンドウィンドに入るタイミングはそのときの調子によって違うので、苦しくてもペースを守ることが大切です。
 セカンドウィンドはある程度苦しい時間を頑張らなければ来ません。
どうせ苦しい時間帯があるなら、その時間帯は心を無の状態にして走った方がペースを落とさず走れる確率が上がります。
 何も考えずに走るためには、自分と同じペースの人の後ろについて走ると良いです。
自分はペースのことは考えずにただついていくだけという状態にすると走りやすいです。

まとめ

 長距離走はデッドゾーンとセカンドウィンドがある。
 自分と同じくらいのペースの人についていくと楽
以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

陸上長距離の練習ノート

 本記事では陸上長距離の練習ノートについて述べています。 目次1 練習ノートとは2 メリット2.1 調子のコントロール2.2 成長を確かめられる2.3 課題を見つけられる2.4 自分に合った練習方法を …

no image

【長距離走】強風時のポイント練習で楽に効果を上げる為の2つの点

 ポイント練習をしようと思った日が強風で気持ちが下がってしまうことがあると思います。  ここでは、強風のときに練習効果を高める方法について解説します。結論は頑張らないことです。あまり頑張らずに良いラン …

no image

長距離走が速くなるための要素

 長距離走は一見シンプルなスポーツなので、ただ走るだけになってしまいがちで、そうなると練習のモチベーションを維持することが難しくなります。モチベーションを維持するためには、長距離走の能力を決めるものが …

no image

長距離選手がケガをしたら

本記事では長距離走でケガをしたときの復帰の仕方について述べています。 目次1 ケガをしたらその瞬間からが勝負2 専門の方にみてもらいましょう3 安静にしているだけではだめ4 治りを早くする5 体力を維 …

no image

陸上長距離の朝練の意味

 本記事では陸上長距離の朝練について述べています。 目次1 朝練の種類は3つ1.1 ①強化を目的とした朝練1.2 ②1日の準備運動の意味を持つ朝練1.3 ③疲労回復を目的とした朝練2 朝練をおこなうと …