ジョグ

疲労回復の為のジョギング

投稿日:2020年2月18日 更新日:

  疲労回復の為のジョギングはゆっくりやりましょう。
そうすることで次のポイント練習の質が上がり着実にレベルを上げていくことができます。

ゆっくりジョギングをすることの効果

 ゆっくりとしたジョギングをすることの効果は2つあります。
 1つは血流を促すことです。
これは他の練習でも同じです。
 2つ目は筋肉がやわらかくなります。
こちらが重要です。
 筋肉は振動を与えるとやわらかくなります。

筋肉をやわらかくするメリット

 筋肉がやわらかい状態は血流が良い状態なので、酸素や栄養素が十分に運ばれ疲労回復が速くなります

 筋肉が硬い状態では、血流が悪くなり酸素や栄養素を十分に送ることがむずかしくなります
 そうなると疲労回復が遅れてしまい、次のポイント練習の質が落ちます。

 ポイント練習など、速いペースで走り続けていると筋肉は徐々に硬くなっていきます。
 日頃から筋肉をやわらかくするということを意識することが大切です。

注意点

 筋肉をやわらかくするためのジョギングは速くならないように意識してください。
 人によっては、自然に1㎞/4分台にペースが上がってしまうと思います。
しかし、それだと少し力が入っている状態なので筋肉が硬いままになります。
速くても1㎞/6分までが理想です。
重要なことはなるべく力を入れずに走り筋肉に振動を与えてやわらかくすることです。

メリハリが大事

 初めにも書きましたがジョギングをゆっくりやることで、ポイント練習の質を高めることができます。長距離走ではポイント練習の質をいかに高められるかが重要なので、そのために、それ以外の日は焦らず心身のエネルギーを溜めておくといったイメージで取り組むと良いでしょう。

-ジョグ

執筆者:


  1. […] のレベルを上げていくためには、しっかりと疲労を取ることが重要です。【長距離】疲労回復のためのジョギングゆっくりとしたジョギングで疲労を取ることで、ポイント練習のレベル […]

  2. […] がほぼゼロの状態の感覚を知っておくことが重要です。 そこでおすすめなのがすごくゆっくりなジョギングです。自然に上がってしまうペースを抑えながら走るジョギングは疲労を抜く […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

帰宅ランのメリット3つと始め方

 帰宅ランをやってみたいけど、荷物もあるしどうしたらよいかわからないという人もいるかと思います。 本記事では帰宅ランのやり方、メリットについて紹介します。 私は現在帰宅ランを練習の一環として取り入れて …

市民ランナーがやりがちなNG行動

 多くの市民ランナーは趣味や健康のためにランニングをしていると思います。その中で、「毎日走っているのに、なかなかタイムが伸びない」とか「体つきが変わらない」といった悩みを持つことがあると思います。この …

no image

ジョギングで前ももが痛くならない走り方

 ジョギングをすると前ももが筋肉痛になってしまうという人も多いと思います。 こうなるとジョギングをやる気がなくなってしまいます。 しかし、走り方を改善すればこの筋肉痛もなくなり、さらに楽に走れるように …