5000m

5000mで16分を切ったときの練習の変化

投稿日:2020年3月22日 更新日:

 5000mで15分台を目標にしている人は多いと思います。
私の場合は16分台前半までは順調にきても、15分台というタイムに壁を感じてしまってなかなか越えられませんでした。
私はスピードに課題がありました。今もあります。
今回はそんな私が初めて5000mを15分台で走ったときに練習をどのように変えたのかをお話ししたいと思います。
スピードがある人にはあまり参考にならないかもしれません。

スピード不足の原因

  16分台から15分台を目指す段階でのスピード不足は脚がしっかり出来上がっていないことが 原因の1つです。
 スピード不足を克服しようとスピード練習を頑張ることは良いですが、途中でリタイアすると短い距離で終わってしまい足腰が強くなりません。
 まずは土台作りから始めて、その上にスピードという武器をのせていきましょう。【スピード練習は90%の速さで】

得意な練習をやる

 私は得意な練習を多くやりました。
例えば20キロのペース走などです。
長い距離を走る練習が得意な人はさらにそこを伸ばして、5000mという距離に対する余裕を持ちましょう。
距離に対する余裕があると、自分がどのくらいスピード不足なのかが、感覚的にわかります。

1000mインターバル8~10本

 5000mの練習で1000mインターバルを行うときに5本というのが多いと思います。
 スピードに余裕がない人は5000mちょうどだと少し足りないです。5000mより多くなるように8~10本くらいやると良いです。
 ペースは少し落として3分10~15秒です。

まとめ

 スピードが苦手という人はスピードを出す前に疲れてしまっていることがあります。
 まずは土台を作って、いつでも自分の中のハイスピードを出せるような体にしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-5000m

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5000m15分台後半までの近道は閾値走

 5000mで自己ベスト更新を目指す人で、その目標が15分台後半までならスピードはそこまで意識しなくても大丈夫です。 その代わりに閾値走やインターバル走の本数を増やして、しっかりとスタミナを強化しレー …

5000mで15分台を出す為の3つの練習+レースプラン

あなたはこんな悩みを持っていませんか?「5000m15分台が出そうで出ない」「いつも前半は調子が良いのに後半に失速してしまう」 そんな人のために、本記事ではそんな人に向けて15分台を出す為の3つの練習 …

市民ランナーが5000m16分台を出す為の3つの練習+レース運び

 5000mという距離はスピードと持久力の両方が求められるので、練習がむずかしい距離ですよね。 しかし16分台はむずかしく考えなくても大丈夫です。 まずは自分の得意な練習を以下の条件にあるレベルまで上 …

5000mで17分台を出す為の練習(メニュー例)

 5000mの練習方法をネットで調べると、様々な情報が出てくると思います。正直どれが一番良いのかわからなくなってしまいますよね。 5000mという距離はスタミナもスピードも必要なので、練習の方法もたく …