comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

市民ランナーが5000m16分台を出す為の3つの練習+レース運び

 5000mという距離はスピードと持久力の両方が求められるので、練習がむずかしい距離ですよね。 しかし16分台はむずかしく考えなくても大丈夫です。 まずは自分の得意な練習を以下の条件にあるレベルまで上 …

no image

マラソン練習でランニングマシン(トレッドミル・ルームランナー)を取り入れるメリット・デメリット

 ランニングマシンは地面が自動で動いているようなものなので、実際の走りとは少し違いがあります。 外を走ることと、ランニングマシンを使って走ることにはそれぞれ良い所があります。 今回は、私が普段、家でラ …

no image

ペース走(閾値走)の2つの効果と注意点

長距離走の練習で定番のペース走ですが、その効果を理解して練習している人はあまり多くないと思います。シンプルな練習なだけに何を意識すれば良いのかわかりませんよね。私も昔はそう思っていました。以前の私はペ …

5000mで15分台を出す為の3つの練習+レースプラン

あなたはこんな悩みを持っていませんか?「5000m15分台が出そうで出ない」「いつも前半は調子が良いのに後半に失速してしまう」 そんな人のために、本記事ではそんな人に向けて15分台を出す為の3つの練習 …

疲れにくい&速くなるランニングフォームを身につける2ステップ

長距離走を普段からやっている人も学校の授業で走らなければいけない人も、少しでも楽に走りたいですよね。楽に走る為には正しいランニングフォームを身につけなければいけません。そして、楽に走ることが出来れば、 …